開催への思い


田辺&清水
『若狭路センチュリーライド』6回目の開催を向かえるにあたって。

田辺今年で6回目の開催となる『若狭路センチュリーライド』。生まれた子どもが小学校に入学する直前にもなる年月がたちました。私たち運営スタッフが『若狭の宝である恵まれた自然「海」「山」「湖」「川」を、スポーツを通じて多くの方々に思う存分楽しんでいただこう!』『そして、その参加してくださる方々の楽しむ顔を拝見することを地元民の誇りにしよう!』とスタートしたスポーツイベント(総称:若狭路スポーツトリップ)も、今年で6年目を迎えます。

昨年は若狭路6市町をまたいで6つのスポーツイベントを無事に開催することができました。これもひとえに私たちの活動を温かい目で見守ってくださっている地元住民の方々、素人同然の私たちの企画するイベントにご参加いただいている皆さん、そして地元の自然……多くの方々に助けていただき、想いを共有していただいた賜物だと感謝しております。本当にありがとうございます。

6年目を迎える2017年の若狭路スポーツトリップも、この『若狭路センチュリーライド』をかわきりにスタートしますが、どの大会においても、今年も今までにない「感動」を追い求めて運営していきたいと強く考えています。

参加者・地元住民・運営関係者・若狭の自然……皆で喜びを分かち合える空間をスタッフ全員でつくりあげていきたいと考えています。

ご参加いただきます皆様、どうか、「海」「山」「川」「湖」……自然豊かな若狭路を思う存分楽しんでください!皆様に楽しんでいただくことが私たちの願いであり喜びなのです。

これまでの私たちが主催するイベントに参加してくださった延べ12,000名の皆さまの笑顔にお会いできたことが、この地の宝であり誇りです。本当にありがとうございます。

(一般社団法人若狭路活性化研究所 代表 田辺一彦)

この大会を通じて、皆さんにもっと若狭路を知っていただき、好きになってもらいたい。

清水今回で6回目となる本大会ですが、主催者として最もうれしいのは、ゴールした選手の方に「景色がキレイでした!」と声をかけていただけることです。あらためて自分自身も地元の自然のすばらしさを感じることができます。

若狭路センチュリーライドのコースには、私が高校生の頃に自転車で通っていた通学路もあり、この大会を担当できることをとても嬉しく思っています。

若狭路センチュリーライドを開催して以来、若狭のあちこちでサイクリングを楽しんでいる方を見かけるようになりました。県外から来られている方も多いと聞き、大会を開催することでサイクリングの好適地として認知していただけていることを実感しております。それと同時に、サイクリストの皆さんにこの地を知ってもらえるチャンスとしてのこの大会の重要性もあらためて感じているので、しっかりと大会を継続し、若狭の魅力を発信し続けていきたいと思います。

(若狭路センチュリーライド2017事務局代表 清水宇宙)

© 2011 - 若狭路センチュリーライド All Rights Reserved.